Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
令和元年〜第3回阿波人形浄瑠璃奈良東大寺公演〜
0

    所属する奈良徳島県人会で毎年恒例行事となる、徳島と奈良を結ぶ阿波人形浄瑠璃奈良東大寺大会に主催する側として参加して来ました。

    奈良と徳島の架け橋として奈良のシンボル東大寺で、徳島の国指定重要無形民欲文化財の人形浄瑠璃とのコラボは今回で3回目の開催を迎えました。

    今年は、共催する徳島県から初めて飯泉知事(現全国知事会長)がお越し下さいました。

    私が県人会に入る切っ掛けとして、飯泉知事のスピーチと経歴は欠かす事のない方です。

    地方包括の在り方に、東京一極集中型を如何に地方に目を向けるかを先頭となって活躍されているのがこの飯泉知事と言っても過言ではないと思っていません。

    結果、徳島初の全国知事の会長役を現在歴任されています。

    その知事が、地方包括のモデルとして奈良徳島県人会の3回目となる人形浄瑠璃公演に共感して頂けたと思います。

    知事を始めご来賓の方々の対応に、こちらも初めての試みとして地元奈良大学の文化部がボランティア活動として参加してくれ、地元のお菓子をふるまいおもてなしさせて頂きました。

    盛年部の立場として参加し会場整備やご来賓の受付ご案内と、開催までは気の張る思でしたが予定通り開会〜

    先ずは当会本出会長と飯泉知事の挨拶で始まり、来賓代表として奈良県村田副知事のご祝辞を頂きました。

    今年も、ご来賓に第223世東大寺別当の狭川館長をお迎えしました。

     

    いよいよ本番〜三味線の竹本友和嘉様と太夫の澤田芽衣さんの傾城阿波の鳴門が、人形ふれあい座の元はじまりました。

    太夫の澤田さんは竹本さんのお孫さんに辺り、未だ小学3年生ながら、淡路素義審査会で準優勝する腕前で迫力ある演出でした。

    2公演目の壷坂漢音霊験記は、知る人ぞ知る人形浄瑠璃の傑作で佳境に観客の歓声も上がり盛り上がった公演になりました。

    途中、本出会長と1回目からご尽力頂く阿波十郎兵衛屋敷館長佐藤さまの説明も大変わかりやすく、当初ご苦労された徳島の文化遺産人形浄瑠璃の発展に満足されたご様子でした。

    最後は、奈良の阿波踊り大仏連が会場と知事はじめ、ご来賓の方々も交えにぎやかに閉幕〜

     

    表舞台のボランティアにベテラン男性陣が、裏舞台には女子部のメンバーが中心となり、それぞれの役割を的確に行って行かれました。

    特に、女子部のリーダーの会長夫人にはイベントの何日も前から準備して頂き、当日には会場で観覧する事なく最後まで楽屋で運営に寄与される姿には頭が下がる思いです。

    お帰りのお客様を人形座の方々と御見送りさせて頂きました。

     

    打ち上げには、イベントに参加した盛年部と大阪本部の方々を中心に途中本出会長も合流し、大満足の大会となりました。

    今後も徳島と奈良を結び、それが日本の文化と地方包括事業の一環として活躍する場を本出会長と話しあっています。

    ロマンある奈良徳島県人会の一人として活動出来る事に感謝〜

    posted by: 郷ちゃん | 徳島県人会 | 16:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    大和桜井大神神社〜木灯篭工事2
    0

      奈良は大和朝廷発祥の地、桜井大神神社(大三輪神社)の木灯篭工事を先回に渡ってご案内させて頂きます。

      山本工務店様の上治番頭から連絡頂き、灯篭柱の入荷と八角挽の模様を紹介します。

      恐らく直径1m近い桧から取られたであろう330角の芯去り材〜

      専門用語になりますが、芯に近になればなるほど節が出てくるため、私も見積はさせて頂きましたが全国探せど1、2社しかとる事ない代物ではないかと思われます。(1本(゚д゚)(。_。)ウン百万)

      流石に丸太の芯に近い箇所は節ありましたが、様々な社寺を手掛けて来られた上治番頭も、芯去り材としては過去最高の大きさとの事で2人して色々と語り合いました。

      墨だしされた頭部の破風板や茅負、肘木などを若手大工さんも慎重に刻んでいかれ徐々に進行して活かれます。

      近くにこのような仕事と腕の良い職人さんがいる事、又弊社の材も使われて行く事は本当に有り難い事です。

       

      桜井市長選が行われ先々回ご紹介した松井市長が当選され、大神神社を始め歴史の街桜井の社寺建築に目が近年見直され、駅前にホテルの誘致も進んで行われています。(来春オープン)

      令和の新しい時代を迎え、益々グローバル化する世の中にあっても、歴史に満ちた神仏を祀る建物とそこに根ずく人々の信仰心は今も昔も変わる事がないと感じました。

       

       

      posted by: 郷ちゃん | 木材 | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      社寺建築〜大三輪神社灯篭と桧原神社三鳥居
      0

        ここ数日、秋晴れの穏やかな日差しが続きます。

        9月10月と立て続けに日本列島を襲った台風が嘘のような。。。

        被災されお亡くなりになられた方にはご冥福と、復興に1日も早い日常生活を願います。

         

        先日から、地元の大三輪神社さまの灯篭に使われる材料を納品させて頂いおります。

        請負される地元の山本工務店様〜番頭の上治さんから貴重な写真も頂き宮大工としての伝統技術をご紹介させて頂きます。

        三輪さんとは少し離れますが、先月9月に連載した西宮の海清寺の鎮守堂修復工事が無事終えられました。

        屋根部の修復が主でしたが、屋根の勾配と飾りになる鬼と言う彫り物のバランスが絶妙に仕上げられています。

        上治さんとは、各名所のお寺や神社を紹介して頂き由来や伝承話にいつも感銘させれれています。

        一緒に働く若手大工さんの教育もされ、いつも明るく決しておごる事ない性格と職人技術は仕事をされた住職等にも評判です。

         

        弊社が納品させて頂いた材料も、上治さんと若手大工さんによって刻まれていきます。

        今回の灯篭のメイン柱は残念ながら他社さんが納品されたのですが、社部は弊社の材料で形付けられて行きます。

        茅負や棟木などやや複雑な箇所も、部材取りから加工へと今後の完成が楽しみな工事です。

         

        そんな上治さんから、4年前に建てられた三輪桧原神社の三鳥居の写真を頂きました。

        伊勢神宮から持ち帰られた柱や部材を再現し50年ぶりに建て替えられた三鳥居〜

        夜間のライトアップは、幻想的でまるで精密模型のような美しさです。

         

        冒頭に被災された方々の供養にも、このような神仏の仕事に携われる事に感謝して行かなければ思いました。

         

        posted by: 郷ちゃん | 木材 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        法の日〜奈良徳島県人会日和佐神輿祭り
        0

          毎年この月は、2つのボランティア活動報告〜

          一つは、奈良検察審査法の日〜広報活動と市長表敬訪問。

          所属させて頂いて早10年以上が経ち、理事役と総務を担当させて頂いています。

          法治国家として、法の在り方と矛盾する不起訴処分を再起訴する為、審査会を後押しする協会の役目を市長ならび市民に広報しています。

          桜井松井市長とは、公私に亘って長いお付き合いをさせて頂いています。

          表敬訪問から現在の桜井市の状況をお聞きし、地方創生の在り方は少し行政と市民の温度差を感じました。

           

          盆明け、大阪の問屋さんから桧の和室化粧柱の注文を請け、いつも発注する地場と協力して納入するはずが受注が間に合わず、吉野の市場まで調達に走る羽目になりました。

          この業界営み30年近くになるのですが、一番利率の上がる化粧柱を地場の木材屋がここ数年の新築の家から和室で使われるはずの化粧柱が需要が粗なくなり、その影響から化粧柱の製材所が売れない化粧柱を製造せず、それどころか年々廃業していく現状です。

          地場産業に対する市の在り方を、市長に問いたかったのですが場違いな感覚で残念ながら話せませんでした。

           

          何となく思うのですが、今の日本はIT企業や5Gの事業が益々地方零細企業を押しつぶし、政治も目の前の利益に押し流されて行く事に虚しさを覚えます。

          ボランティア活動と少し題材からすれ違いましたが、もう一つの県人会の歩みは今後の国政と自分の生き方に励まされる動きをしています。

          奈良と徳島〜地方創生をどのように推し進める事が出来るかを、古都なら東大寺で江戸時代から続く徳島の無形重要文化阿波人形浄瑠璃を開催して早3年〜今年も12月7日に開催致します。

          地方創生は勿論、少子高齢化の現代社会を県人会から打破できる可能性を探っています。

          今月半ば、徳島は日和佐と言う町を訪れ昔から行われている日和佐のだんじり祭りに参加して来ました。

          過疎化する日和佐でも祭りを通して若者がふるさとを思い帰郷し、老若男女が集うイベントを通し日本地方創生の在り方を感じぜるおえません。

          祭りで今春転勤した同志と再会し、今後の奈良徳島県人会としての歩みを語り充実した1日となりました。感謝〜

          posted by: 郷ちゃん | 徳島県人会 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          桧芯去り材〜灯篭と高欄〜社寺建築材
          0

            今回は2つの社寺建築材に使われる桧材を紹介します。

            1件は、地元桜井の社寺建築を手掛けられる山本工務店様が、社寺建築の灯篭にと120角をメインにご購入〜

            何と、灯篭の柱には3mの300角の芯去り4方役が使われます。

            この灯篭は地元大三輪神社の参拝橋の前に二対建てられます。

            (写真は、三輪さんの提灯建と、真ん中は伊勢の内宮木灯篭)

            弊社も見積依頼に全国の木材を探し、何とか見つけましたが残念ながら金額に折り合わず他社の木材屋さんが納入されます。

            玄人的な話になりますが、300角の芯去り材の節のない木を製造するに最低でも直径1m近い手入れ木が必要です。

            見積依頼の相談に応じる業者も国内で数社である事間違いない素材で、1本で?百万円は優に下りません。

            どんな木材が納品されるのか楽しみです。

            もう1つは、昨年から大阪は堺市で新築納材された八角堂の高欄に仕様されます。

            八角堂が完成され、来年の春を目安に八角堂を囲む高欄です。

            以前弊社が別の所で完成された高欄ですが、この高欄の倍の大きさだけに約210角の芯去り材を中心にきめの細かい作業が成されていきます。

            四国は徳島の宮大工(番匠中山さま)さんに納品されます。

            日本の伝統伝承文化の技術と国内桧の素晴らしさに感謝して活きたいものです。

             

            posted by: 郷ちゃん | 木材 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            西宮市〜海清寺鎮守堂修理工事〜山本工務店様
            0

              いつもお世話になる社寺建築も手掛ける山本工務店様〜今回は兵庫県西宮市の海清寺の鎮守堂の修復工事の模様をご紹介。

              番頭役の上治さんと、何時の時代の建て方で、材質や当時の職人技術を語り合える貴重な体験です。

              屋根部と、本体工事が年代別か職人が違うようで、上治さん曰くは社寺職人と当時の仏像彫師で造られ、約100年前の建物を何度か修復されているとか〜

              材は基本桧の尾州材で大変目合いの細かな構造躯体で、羽目板は巾の広い柾板(約300〜330)の一枚ものが仕様されています。

              所々で、昭和初期から中期にかけて良く仕様されて地栂の材もあり、大変興味深い鎮守堂です。

               

              上治さんは次の物件の原寸と木拾いにも追われ、若手の2人が上治さんの指導の下、奮闘されています。〜感謝

              posted by: 郷ちゃん | 木材 | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              古民家再生〜宇陀市恵工房様
              0

                いつも斬新な発想と無垢の木をベースに、古民家再生工事に取り組まれる恵工房さんの現場に行って来ました。

                場所は弊社桜井の隣町宇陀市の田舎造りの集落で、今回は粗内部をスケルトン化し柱から梁まで入れ替える大規模工事でした。

                桧の天井板や杉の腰板がふんだんに使われ、今回何と言っても目に留まったのは玄関ホールに仕様された地栂の腰板です。

                以前恵さんが、解体工事の際残しておられたようで柾の無垢板がグレイ色に変色され古民家にマッチしたホールになっています。

                私も以前、100年生の古民家の材料に当時は地(日本製)の栂の造作(敷鴨居など)建具が使われた現場に行ったのですが、間さに貴重な部位として仕様されていました。

                その他、ケヤキやタモを使った付け柱や杉のロフトと見るに飽きさせない古民家再生現場となっています。

                これから外構工事に入られ、今度は三重県に戻られ古民家再生工事の新たな現場でもお世話になります。〜感謝

                 

                posted by: 郷ちゃん | 木材 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                レッドシダーとセランガンバツ〜デッキ材と枠材〜
                0

                  弊社が外構用途で良く薦める材料に南米育ちのセランガンバツと言う硬い木の素材があります。

                  今回も、デッキ材に4m90×20の寸法を約150枚発注受け納品して来ました。

                  癖のある木ですが、問屋さんに選別して頂きなるべく反りの少ない物を選んで頂くシステムで、以前は遊覧バスのデッキにも仕様して頂いております。

                   

                  もう1種類デッキ材の代表にレッドシダー(米杉)材があります。

                  先日テナントで、日本の杉を床材、壁材に仕様して頂いた大工さんからレッドシダーの節のない注文を受け早速メーカーに問い合わせ。

                  日本の杉に比べて赤身の色が濃いものが多く、最近は設計士の依頼で赤、赤白、白とまばらに貼りたい要望が多いようで、メーカーさん曰く感性の世界だとか〜

                  今回は、145×40と90×40の寸法を基本建具枠に仕様されます。

                  若手大工さんですが、木の素材を活かした仕事が大好きで、納品させて頂いた時も一本一本味のある顔に、大変興味持たれ材木屋名利に尽きる物件になりそうです。〜感謝

                  posted by: 郷ちゃん | 木材 | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  世界遺産熊野古道〜熊野本宮〜聖地玉置神社めぐり
                  0

                    暑中お見舞い申し上げます。

                    お盆休み、前々から行きたかった熊野本宮に行って来ました。

                    知り合いの宮大工さんの薦めもあり、世界遺産熊野古道熊野大社から玉置神社の日帰りプラン〜

                    朝6時に家を出、以前仕事で通いなれた五条から大塔村、十津川村へ十津川渡瀬の吊り橋付近の復興工事も道路工事も無事終わり走りやすい道のりで9時過ぎに無事熊野本宮大社に到着しました。

                    駐車場も粗満車でしたが渋滞に巻き込まれる事なく停められ、本宮までの階段を登り搭乗。

                    境内入口の大きなしめ縄門を潜ると、神明創りのが拝殿がどっしりと迎い入れて頂けます。

                    一昨年訪れたお伊勢さんと同じ造りの神明創りで、まだ早い時間帯でゆっくりお参りする事が出来ました。

                    お参り後、大型木造施設の熊野博物館で奈良と和歌山、三重を繋ぐ熊野古道のモニュメントを観賞し、近くの銀杏のテーブルのうどん店で早めの昼食を取りました。

                     

                    那智大社を参ろうか迷ったのですが、連休中と言う事もあり渋滞に会う事なく、帰り途中の玉置神社を選択し迎いました。

                    玉置神社も以前から行きたかった神社で、十津川温泉街から玉置山を昇って行くのですが、思ったよりも険しく大工さんの忠告にあった落石道は運転にやや注意が必要な道でした。

                    熊野本宮大社はお伊勢さんと、地元三輪明神と似た雰囲気がありましたが、こちらの玉置神社は深く険しい山並みにそびえ建ち多武峰は談山神社に似た雰囲気を感じました。

                    いわれ杉や玉石は、霧に覆われ如何にも山神さまが宿るパワースポットで、大工さんのお薦め玉石社の石が稀に白く輝く逸話を思いながらお参りさせて頂きました。

                    奈良と和歌山、三重を繋ぐ世界遺産熊野古道〜歴史に触れた1日となりました。〜感謝。

                     

                    posted by: 郷ちゃん | リング | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    民泊上棟〜西成区〜チャイニーズマネー
                    0

                      6月7月立て続けに、民泊の新築現場に材料搬入しています。

                      長年お付き合いさせて頂く大工さんの紹介で、ニュースでも取り上げられる外国人観光客をターゲットに集客宿民泊を数件建てる予定です。

                      場所が大阪は下町西成区の天下茶屋の裏通りで、大変狭く規制区域で搬入等運搬業者さんには大変苦労お掛けしましたが、何とか無事2棟建ちました。

                      爆買い観光客から、食とリゾートを目的としたリピーターが増えつつある昨今。

                      某有名リゾートホテルも近日参入するようで、万博に向けても益々活気づくかと思います。

                      オーナーは中国人〜都会の中でも比較的安価な土地を買い上げ、観光客の集客に民泊施設と、ツアー会社との提携で衣食住の事業を手掛ける予定のようです。

                      時代の流れと言えど恐るべしチャイニーズマネー〜

                       

                      posted by: 郷ちゃん | 木材 | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |