Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
法の日〜奈良徳島県人会日和佐神輿祭り
0

    毎年この月は、2つのボランティア活動報告〜

    一つは、奈良検察審査法の日〜広報活動と市長表敬訪問。

    所属させて頂いて早10年以上が経ち、理事役と総務を担当させて頂いています。

    法治国家として、法の在り方と矛盾する不起訴処分を再起訴する為、審査会を後押しする協会の役目を市長ならび市民に広報しています。

    桜井松井市長とは、公私に亘って長いお付き合いをさせて頂いています。

    表敬訪問から現在の桜井市の状況をお聞きし、地方創生の在り方は少し行政と市民の温度差を感じました。

     

    盆明け、大阪の問屋さんから桧の和室化粧柱の注文を請け、いつも発注する地場と協力して納入するはずが受注が間に合わず、吉野の市場まで調達に走る羽目になりました。

    この業界営み30年近くになるのですが、一番利率の上がる化粧柱を地場の木材屋がここ数年の新築の家から和室で使われるはずの化粧柱が需要が粗なくなり、その影響から化粧柱の製材所が売れない化粧柱を製造せず、それどころか年々廃業していく現状です。

    地場産業に対する市の在り方を、市長に問いたかったのですが場違いな感覚で残念ながら話せませんでした。

     

    何となく思うのですが、今の日本はIT企業や5Gの事業が益々地方零細企業を押しつぶし、政治も目の前の利益に押し流されて行く事に虚しさを覚えます。

    ボランティア活動と少し題材からすれ違いましたが、もう一つの県人会の歩みは今後の国政と自分の生き方に励まされる動きをしています。

    奈良と徳島〜地方創生をどのように推し進める事が出来るかを、古都なら東大寺で江戸時代から続く徳島の無形重要文化阿波人形浄瑠璃を開催して早3年〜今年も12月7日に開催致します。

    地方創生は勿論、少子高齢化の現代社会を県人会から打破できる可能性を探っています。

    今月半ば、徳島は日和佐と言う町を訪れ昔から行われている日和佐のだんじり祭りに参加して来ました。

    過疎化する日和佐でも祭りを通して若者がふるさとを思い帰郷し、老若男女が集うイベントを通し日本地方創生の在り方を感じぜるおえません。

    祭りで今春転勤した同志と再会し、今後の奈良徳島県人会としての歩みを語り充実した1日となりました。感謝〜

    posted by: 郷ちゃん | 徳島県人会 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.go-tenzan.com/trackback/355
    トラックバック